北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

たまねぎ

 収穫準備

2017年7月19日(水)【たまねぎ】

ヨネタマさん

 この数日でやっと少し涼しくなりやっと過ごしやすい気温になってきました(^^)。この前までの猛暑で玉葱も少しバテ気です。

 今日から収穫作業の準備です。

 ついこの前植え付けをした気がしますが、もう3か月も経つんですね。。
早いです!収穫の準備です!
 極早生品種の根切り作業をしました。機械による作業で長さ120センチ程の刃物のついた機械で根っこを切って行きます。天候にもよりますが1~2週間程度で、葉っぱが枯れあがり、玉葱自体にも色がのり収穫段階に入ります。



 今の畑の風景

2017年7月2日(日)【たまねぎ】

ヨネタマさん

 こんにちは、7月に入りましたね。先日(6月30日)には、北見市内で30℃を超える暑さになりました!本格的な夏がやってきたなと言う感じです。
 一部圃場では、5月下旬から6月の低温・多雨の影響による湿害の発生は見られますが、全体を見ると順調に進んでいます☆
 極早生品種は玉肥大が始まっていて、収穫期が近づいていることを実感しています。

 春小麦・白菜ともに順調です。

 



 生育状況・視察研修

2017年6月12日(月)【たまねぎ】

ヨネタマさん

 こんにちは!6月に入りほんの数日晴れ間があったものの、ほとんどが雨と低温が続いているオホーツク管内です。
 玉葱の生育には今のところ影響はなく順調に進んでいますが、少し温かくなりTシャツで過ごせるくらいの天気になってほしいですね。

 

 今の生育状況は、早生品種で6~7葉期と平年並みか若干進んでいます。
それ以降の品種に関しても順調に生育していますので、病害虫などには十分注意して管理していきたいです!。

 先日、地元玉葱青年部で道内視察研修を実施しました。

 視察先は、種苗会社とホクレン農業総合研究所で品種特性・品種比較・病害虫など技術的なことを中心に講習して頂きました。

 視察で得た情報(知識)を、今後の玉葱作りに活かした行きたいです!



 今の生育状況

2017年5月27日(土)【たまねぎ】

ヨネタマさん

 今年の定植作業は好天に恵まれ、5月上旬に終了しました。
その後は少し低温が続きましたが、適度な降雨もあり順調に生育しています(^^)!

 

 定植後、育苗で使っていた専用トレイ(育苗用マット)を水洗いし保管します。

 写真はその様子です☆



玉葱定植作業が始まり

2017年4月19日(水)【たまねぎ】

ヨネタマさん

 先日(4月17日)玉葱の定植作業が始まりました。

 今年は融雪が遅れていましたが、ここ数日の好天で圃場の準備も整い植え付けスタートです。 
 ここ1~2週間この北見地方でも風がとても強く、18日には道央で強風によって農業被害(農舎・ビニールハウス)があったということを知りました。
 被害に遭われた方におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。
 
 

 写真は早出し(極早生)品種の定植で、一日でも早く収穫期を迎える為にも、早期定植を心掛けています。
 
 立派な玉葱に育つように、いっぽんいっぽん苗に気持ちをこめて植えてます(^^)
 

 白菜の植え付けも同時進行で行っています。

 

 



2017年8月

30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

生産者プロフィール

生産者プロフィール

たまねぎ生産者

ヨネタマさん

こんにちは!北見でたまねぎを栽培している、ヨネ玉です。たまねぎの他にも、春播き小麦・白菜を栽培しています。日本一のたまねぎ生産量を誇る北見から、農作業や作物生育の様子・地域の取り組み・玉葱青年部活動等を紹介したいと思いますのでよろしくお願いします。