北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

ミニトマト

誘引と脇芽欠き作業

2017年7月2日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

1週間に1日くらい晴れの日がありますが、それ以外は湿りがちな毎日です。晴耕雨読なんて言葉とは無関係にハウス内ではミニトマトの脇芽欠きと誘引作業が続いています。このままではヒョロヒョロと丈ばかり伸びてしまいます。もっと光を!



誘引作業開始

2017年6月25日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

相変わらず雨がちの寒い日が続いてますが、ハウス内では支柱立てと誘引線張りをしてミニトマトのクリップ留め作業をしています。雨音が眠気を誘いますがラジオを聴きながら作業してます。



定植完了

2017年6月18日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

雨の合間を縫って定植が完了しました。ミニトマト達も育苗期間中の曇天に慣れてしまって、たまに強い日差しを浴びるとバテ気味です。

現在2段目が開花しはじめています。これから好天が続きそうなので日差しに負けない元気な株に育ってほしいです。



定植

2017年6月11日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

相変わらず雨がちな天気が続いていますが、そんな天気の合間に定植作業をしています。来週からは晴れが続く予報なので期待しています。



植えごろ

2017年6月4日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

先週から今日まで晴れの日は1日だけで、ほぼ連日雨交じりの寒い日が続いています。

そんな天気の中でもなんとか苗も植えごろとなってきました。

根鉢もそこそこにできていますが、来週前半に5℃くらいの冷え込み予報が出ていますので天気を考慮しながら作業を進めたいと思います。



2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

生産者プロフィール

生産者プロフィール

ミニトマト生産者

愛果(あいか)さん

北海道北西部の留萌管内に位置し、日本海を望む小平町と苫前町で育ったミニトマトの「愛果」です。留萌管内は北緯43度以北にも関わらず、夏は日照が長く温暖な為、野菜はもとより果樹やお米の産地でもあり、酪農畜産や水産業も盛んで、北海道の味覚の宝庫なのです。太陽と自然と人に愛され育った私と私の故郷をお伝え致します。

アーカイブ