北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

メークイーン

第4話 出てる・出てる

2018年4月23日(月)【メークイーン】

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

こんにちは。
おらいも君です。

今日も良いお天気だったので、ふらり外出してみるとハウス群を発見!
早速突撃しちゃいました~(^^)v

そっとハウスの中を見てみると
そこには
なんと
出てる、出てる
アスパラが!

そう、ぼくが住んでいる檜山南部地区ではハウスでアスパラを栽培しているんですよ。
しかも立茎栽培(りっけいさいばい)といって、親茎を立てて養分蓄積を行いながら、次に出てくる芽を収穫していく栽培方法なんだ。
3月から9月まで収穫できるんですよ。

冬の間にじっくりと養分をためたアスパラは、今が出荷の最盛期!

この時期のアスパラはすごく美味しんだ。
みなさんも、ぜひ食べてみてくださいね~(笑)


第3話  準備、着々と

2018年4月19日(木)【メークイーン】

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

みなさん、いかがお過ごしですか~?

4月上旬は、ずっと天気が悪くってなかなか太陽を見ることができなかったんですけど、今週は晴れた日が続き、道南もやっと春めいた陽気となってきましたよ。

標高の高い山々には、まだ少し雪が残っていますけどね(笑)

今日は、桧山南部食用馬鈴薯生産組合の組合長宅に突然おじゃましてきました。
ハウスでは、奥さんが一生懸命種いもを切っていましたよ。

種いもって、いろんなサイズがあるから、大きいサイズの種いもは植えやすいように切ってから植えるんだ。
この作業って結構大変で、せっかく出てきた芽を切らないように注意しながらの作業なんですよね。

奥さん、がんばれ!

いよいよ『あっさぶメークイン』の生産が始まります。

組合長は、『今年も美味しいあっさぶメークインを皆さんに食べてもらわなきゃ』って意気込んでいました(^O^)


第2話 『てん菜』って知ってる?

2018年4月10日(火)【メークイーン】

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

こんにちは
おらいも君です。

今回は、馬鈴しょのお話から少し離れて、『てん菜』のお話をしようと思います。

みなさん、『てん菜』って知っていますか?
『てん菜』は砂糖の原料で、『ビート』や『砂糖大根』と呼ばれているんですよ。
大根といっても、みなさんがよくスーパーで目にする大根とは別ものなんですけどね(笑)
てん菜は寒さに強いから、日本では北海道を中心に栽培されているんだ。
もちろん檜山南部地区でも栽培されていますよ。

檜山南部地区では、3月の中旬から下旬にかけて種蒔きが始まりました。
てん菜の種は、紙でできた『蜂の巣』のような形のポットに土を入れて蒔くんですよ。

生産者は、ハウスの中で水や温度の管理をしながら大事に育てているんです。
もう、とっくに芽が出て太陽の日差しを受けながら気持ちよさそうに育っていましたよ。

まだ、外は寒いから、もう少し大きくなってから畑に植えることになります。
畑に植える時期は、ちょうどGW頃かな。
このまま順調に育ってくれるといいですね~ヽ(^o^)丿


第1話  ぼく『おらいも君』!

2018年4月6日(金)【メークイーン】

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

はじめまして、桧山南部食用馬鈴薯生産組合です。
今日は、プロフィール画像でもある我が地域のヒーローをご紹介します。

ここからは、ぼくが桧山南部食用馬鈴薯生産組合の活動や、さまざまな作業風景等を突撃レポートしちゃいますよ~

まずは、ぼくの住んでいる地域をちょっぴり紹介しちゃうぞー
檜山南部地区(厚沢部町・江差町・乙部町・上ノ国町・八雲町熊石)は北海道の南西部に位置し、東は噴火湾や太平洋、南は津軽海峡を挟み青森県と向かい合い、西は日本海に面しているんだ。
気候は、北上する対馬海流の影響を受けて比較的温暖で全道でも年間気温の高い地域なんだよね。

この地域では、桧山南部食用馬鈴薯生産組合が中心となって『あっさぶメークイン』の栽培が盛んに行われているんだ。

今年は道南も雪が多くて、どこが畑なのかぼくにもわからない\(゜ロ\)(/ロ゜)/

そんな中、生産者のハウスではメークインの種いもを浴光催芽(よっこうさいが)していたよ~
浴光催芽(よっこうさいが)とは、種いもを消毒したあとに、明るく暖かい場所において、がっちりとした芽を出す事なんだ。畑に植える前の大事な作業なんですよ。

とりあえず、今日はここまで。
これから1年間よろしくお願いしますね~(笑)



2018年5月

29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

生産者プロフィール

生産者プロフィール

メークイーン生産者

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

JA新はこだて厚沢部支店の桧山南部食用馬鈴薯生産組合です。北海道の檜山南部(厚沢部町、江差町、乙部町、上ノ国町、八雲町熊石)で馬鈴しょを生産しております。厚沢部町はメークイン発祥の地とされており、全道で一番早く出荷が出来る産地でもあります。今回はメークインを主に色々な馬鈴しょの情報を発信していきたいと思いますので、宜しくお願いします。

アーカイブ