北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

青空教室が開催されました☆

2015年8月24日(月)【トマト】

越後功さん

第3回目の青空教室が我が家で開催されました。
この時期は1番手が回らなくなる時期なので見てもらうのは準備が大変です(^o^;)

普及員の方や資材屋さんも入り今後の防除や管理について学びます☆

ハウスの建て方で画期的なトラス構造も提案されています!!!

最後は焼き肉で懇親会❢
二次会はカラオケと充実の長い夜でした(^_^)/



全道果樹生産者研修会

2015年8月22日(土)【りんご等果樹類】

果樹園マーシーさん

 サクランボ、お盆も終わり、秋の気配が感じ始めましたね、増毛のマーシーです。
 毎年恒例ですが、北海道果樹協会は8月21日、全道果樹生産者夏季研修会を開きました。全道の果樹産地から、100名を越える参加者が、滝川市に集いました。
 まずは現地視察として、砂川と滝川の果樹園を訪問。

 果樹栽培に取り組む現地の情熱を感じつつ、午後からは滝川市文化センターにて、講演や今年の気象経過、今後の管理のあり方など、室内研修をしております。


さくらんぼ終わる

2015年8月10日(月)【りんご等果樹類】

果樹園マーシーさん

増毛町のマーシーです。
7月中下旬に最盛期を迎えたサクランボも8月に入り徐々に少なくなり、現在ほとんどの果樹園で、終わりを迎えました。

晩生品種「紅手まり」や「南陽」も収獲されて、雨よけハウスのフィルムはお役ご免。いつまでも張っておくとハウス内の土中水分がなくなりますので、いち早く根に雨を降らせてあげたい。

そこで、果樹園では早速フィルムを下ろす作業です。これも高所の作業で危険を伴いますが、それよりもこの暑さ。日射があるとパイプも熱くなり、すぐに汗だくになります。

さて、8月8日は立秋。暦の上でも「秋」ですねー。果樹園では夏のサクランボに別れを告げ、次はちょこっと「桃」、そして秋の果物「プルーン」「洋梨」などの収獲が待たれます。


昨日は暑かった〜〜〜

2015年8月6日(木)【トマト】

越後功さん

北海道も本州並みの暑さでしたよ(泣)
この温度はハウス内ですが、午前中で半分熱中症になったくらいです。。。
この温度は勘弁して欲しい・・・

この様にトマトの葉っぱも焼けちゃう温度です・・・

株によっては微量要素不足になって葉に模様が出ちゃってます。。。
因みに、これは苦土欠乏症ですね。
明日、液肥で対応予定ですよ☆

色が着くのスタンバってます(*^^)v



2015年8月

26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

ブロガー一覧

アーカイブ