北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

遂にマチルダ収穫開始!

2015年9月16日(水)【マチルダ】

美味しい芋っ子さん

皆さんこんにちは、美味しい芋っ子です。いよいよ春から植え付けをしたマチルダ君の収穫になりました。強風で種芋が見えた事もあり、また猛暑にも耐えました。こんな芋たちがポテトハーベスターに上ってきました。

結構大きく育っていました。皆さんこのマチルダ君を沢山食べて下さい。



重量選果

2015年9月11日(金)【りんご等果樹類】

果樹園マーシーさん

マーシーです。収穫物は出荷する前に選別作業があります。
先日穫った洋梨「バートレット」は、大きさ別に選別して箱詰めされるのですが、うちでは、重量選果機を使っています。

たくさんの皿がグルグル回っています。所定の場所で一個ずつその皿に乗せます。皿はやがて一周してくるのですが、途中で設定された重さ以上が感知されると、その皿が傾いて梨は落とされます。

重たい順に弾かれていき、この選果機は8段階に分けられる能力があります。
普通バートレットは、3L以上、2L、L、M、S、SS以下に分けられて、それぞれ7キロ入れの段ボールに詰めて出荷します。

この選果機ですと、サイズのそれぞれに人を配置しなくてはならず、少人数では無理ですね。そこで、一人でも重量選別できる機械があります。

「ピーチクパーチク」或いは「分太」と呼ばれるこちら。

梨の入ったコンテナを乗せ、一個ずつ取り出します。すると機械が総量から減った重さを感知して、「L」とか「M」とか機械が女性の声でしゃべって知らせてくれるのです。最近ではパソコンが普及したので、しゃべるのは珍しくはありませんが、この機械が出た当初はすごい画期的でした。

この機械、最後に空になったコンテナを降ろした時、「よんエルッ」(4L)としゃべるんですが、それはまぁご愛嬌です。


バートレット収穫中

2015年9月6日(日)【りんご等果樹類】

果樹園マーシーさん

こんにちは、増毛のマーシーです。すっかり秋になりましたね。

春の花時期が例年より10日ほど早く咲いた果物たち。収穫もそれなりに早くなります。洋梨の「バートレット」通称「パート」も平年より1週間ほど早く収穫はじまりました。

増毛町のバートレット出荷は、たぶん他の道内産地よりも多いはず。今年は、例年よりもやや大きめで、しかも落果やキズをつけるような強風もなく収穫できるので、今年は豊作となりそう。

さて、洋梨は、食感がツルンと柔らかくメルティーな果肉が特徴ですね。特にバートレットは果皮が黄色くなって良い匂いがし、缶詰のように美味しいです。

しかし、バートレットや他の洋梨は、食べられるようになるまで、しばらく寝かせておく必要があります。これを「追熟(ついじゅく)」と言います。

というのも、樹になっている状態で黄色く熟すると大根のように硬いままで、柔らかくならないのです。ですから、糖度など果実品質が良くなったら、青いうちに収穫し、選別、出荷されます。場合によってはお店で、またはお客さんが買ってから、しばらく置いておけば、食べられるようになるのです。

追熟に要する期間は、その温度や湿度によって違いますが、概ね2週間ほどでしょうか。JAでは各農家から出荷されるバートレットを冷蔵して計画的に卸すようにしています。

洋梨はバートレットの他、次はオーロラ、マルゲリットマリーラ、ブランデーワイン、フレミッシュビューティー(通称ひめんこう)、バラードなどが収穫されます。


2015年9月

30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

ブロガー一覧

アーカイブ