北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

鉢ずらしをしました

2017年4月30日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

ミニトマト生産者愛果(あいか)さん

鉢上げ後のミニトマトが生長して混み合ってきたので、間隔を広げる鉢ずらしをしました。

間隔を広げて日当たりを良くすることでヒョロヒョロの苗になることを防ぎます。

夜間の保温には二重のトンネル被覆と加温機を使用します。鉢ずらし前より低い気温管理で寒さにも慣れさせていきます。



一難去ってまた一難

2017年4月28日(金)【かぼちゃ】

名寄の北のさん

かぼちゃ生産者名寄の北のさん

どうも。名寄の北のです。

前回のブログで一発目の投稿から胃腸炎で参ってると書きましたが、その一週間後今度は風邪をひきました。

今回の風邪は長いです。とても長いです。熱、鼻づまり、鼻水、咳のオンパレードです。

おそらく子どもから移されたのでしょう。
しかし、安心してください。今度は私から父と母に移したのでだんだんと回復基調になってきています。

さて、そんな中でも仕事は着々と進んでおります。

23日まで名寄の米農家にお手伝いしに行っていました。ふと倉庫内の肥料を見てみますと名寄にちなんでこんな肥料が置いてありました。

名寄なだけに746。そういうとこがとてもいいですね。なんか嬉しくなります。

そして、我が家のカボチャもスタートを切りました。

これはカボチャの種を植えて苗を育てるトレイです。一皿で72穴あります。
これに土を詰めます。

来るべき種蒔きの時期までもう少しです。

次回の投稿お楽しみに!
次は病気しないように気をつけます!


馬鈴しょの植付開始!!

2017年4月28日(金)【男爵】

えぞふじくん(ミニふじ)さん

男爵生産者えぞふじくん(ミニふじ)さん

4/24あたりから、羊蹄山麓でも馬鈴薯の植付が始まりました!!
今年は雪解けが早かったものの、雨が降ったり地温が上がらず畑の水分が抜けてこなかったりと、思ったよりも作業が進んでいなかったりします。
水はけの良いところでは、雨の合間を縫って、少しずつですが植付作業が始まっています。

男爵の植付はまだですが、早く収穫できる早生(わせ)の品種である「とうや」が始まっています。

本当は、植付作業の画像があればいいのですが・・またの機会にします(笑)



フリルレタスも植えました!!

2017年4月27日(木)【レタス】

ハギ原さん

レタス生産者ハギ原さん

不安定な天候が続きますねぇ。
困ります。
でも先日、道央農協の職員の方にブログ見てるよと声をかけていただき嬉しい気持ちになりました。
ハウスレタスは順調にいけば5月上中旬に出荷できそうです。

また、10日ほど前にハウスでフリルレタスのハンサムグリーンとハンサムレッドを定植しました。
露地レタスが始まるまではハウスレタス三昧です!!



春の耕期作業

2017年4月25日(火)【男爵】

えぞふじくん(ミニふじ)さん

男爵生産者えぞふじくん(ミニふじ)さん

ようやく畑の水分も抜けてきましたので、植付に向けて耕期作業が進められています。
馬鈴薯を植えるまでの間に、サブソイラー(心土破砕)⇒プラウ(耕起)で土を乾かしてからロータリー(整地)という工程を踏みます。

粉状そうか病やシストセンチュウの被害が心配な畑では、あらかじめ薬剤を投入することもあります。その時は、ロータリーがけした後に薬剤散布してもう一度ロータリーがけをします。(画像は、プラウをかけています)

雨が降ってしまうとすぐに畑に入れなくなります(特に、ロータリーがけした後に雨が降ると大変)ので、この時期はいい天気が続いてほしいと願うばかりです・・・



2017年4月

26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ブロガー一覧

アーカイブ