北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

第2話 『てん菜』って知ってる?

2018年4月10日(火)【メークイーン】

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

メークイーン生産者桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

こんにちは
おらいも君です。

今回は、馬鈴しょのお話から少し離れて、『てん菜』のお話をしようと思います。

みなさん、『てん菜』って知っていますか?
『てん菜』は砂糖の原料で、『ビート』や『砂糖大根』と呼ばれているんですよ。
大根といっても、みなさんがよくスーパーで目にする大根とは別ものなんですけどね(笑)
てん菜は寒さに強いから、日本では北海道を中心に栽培されているんだ。
もちろん檜山南部地区でも栽培されていますよ。

檜山南部地区では、3月の中旬から下旬にかけて種蒔きが始まりました。
てん菜の種は、紙でできた『蜂の巣』のような形のポットに土を入れて蒔くんですよ。

生産者は、ハウスの中で水や温度の管理をしながら大事に育てているんです。
もう、とっくに芽が出て太陽の日差しを受けながら気持ちよさそうに育っていましたよ。

まだ、外は寒いから、もう少し大きくなってから畑に植えることになります。
畑に植える時期は、ちょうどGW頃かな。
このまま順調に育ってくれるといいですね~ヽ(^o^)丿


まだまだ寒いですね

2018年4月10日(火)【たまねぎ】

ジェイエイふらのさん

たまねぎ生産者ジェイエイふらのさん

はじめまして。今年一年ふらの管内の玉ねぎをご紹介していくジェイエイです。
今年は積雪が多く、「こりゃぁ雪解けは相当遅いなぁ~」とのんきにしていると「あ!!」っという間に融けてしまいました・・が!!!またもや冬に逆戻り!!です!!

(山の方は雪が・・・)

そんな中、玉ねぎの苗はスクスク育っております!!寒空の中、生産者による育苗巡回が行われました。

お日様があんまり顔を出さないのでちょっとだけ遅れていますが、絶賛生育中!!あと1か月もすれば畑に植えつけです。野菜は「苗半作」とよばれ、苗づくりの良し悪しでその後の生育に大きな影響を与えます。人間と一緒ですね・・・・あの頃もっと勉強していれば(笑)

今年の玉ねぎはスクスク育って秋には大きな玉ねぎになってほしいものです。


2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

ブロガー一覧

アーカイブ