北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

生育情報!

2017年6月6日(火)【男爵】

えぞふじくん(ミニふじ)さん

男爵生産者えぞふじくん(ミニふじ)さん

先週末の雨で作業が止まっていましたが、ようやく晴れました!
・・とはいえ、晴れるのは3日くらいで、8日には雨が降る予報になっています。
この間に、生産者のみなさんは大忙しです!!
例えば、小麦・てん菜・小豆・大豆の防除、馬鈴しょの中耕作業などなど・・
特に、大豆、小豆はこれから種まきする人は、この合間の天気では畑の水分が抜け切れずに来週になってしまいそうな場合もあります(専門的な言い方をすれば、仕上げのロータリーがかけられない)。大豆は終盤ですが、小豆はあと3割くらいの面積があります。


上の画像は、5月2日に定植した早出し男爵です。
この時期はもう少し温度がほしいところで、株ごとの生育が揃っていませんが適度な降雨もありますので、順調に経過しています。
これから生育が旺盛な時期に差し掛かってきますので楽しみです!

午後からは北海道青果物拡販宣伝事業の青果物紹介映像用の撮影に同行しました。
天気は良かったですが、やや風が強くて肌寒く感じました。

撮影中は、私はひたすら待つだけにはなってしまいます(笑)。
合間に、プロのカメラマンやホクレンの担当者とお話しをしていましたが、最近の撮影機器は高性能かつコンパクトで驚きました。

馬鈴薯の担当をしていると、こういった異業種の方のお話しを伺えるのも役得かなと思います。



寒い日が続きますね。。

2017年6月5日(月)【トマト】

JAびらとり青年部さん

トマト生産者JAびらとり青年部さん

JAびらとり青年部です!

最近は寒さと雨が続いてトマトの出荷量も伸び悩んでいます。。。

こんな天気ですがトマトの6月定植は待ってはくれません!

毎日少しづつですが定植していっています。

早く定植終わらせて管理作業と収穫に専念したいなあ。。



植えごろ

2017年6月4日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

ミニトマト生産者愛果(あいか)さん

先週から今日まで晴れの日は1日だけで、ほぼ連日雨交じりの寒い日が続いています。

そんな天気の中でもなんとか苗も植えごろとなってきました。

根鉢もそこそこにできていますが、来週前半に5℃くらいの冷え込み予報が出ていますので天気を考慮しながら作業を進めたいと思います。



中耕作業

2017年5月31日(水)【男爵】

えぞふじくん(ミニふじ)さん

男爵生産者えぞふじくん(ミニふじ)さん

週末にかけて雨が続く天気予報となっており、小豆のは種作業を中心に大忙しとなっています。

馬鈴しょについては、萌芽(ほうが)が揃った段階で、中耕(ちゅうこう)作業を行います。

ロータリーカルチという機械をトラクターにつけて、畝(うね)の間を耕していきます。

写真ではわかりづらいのですが、馬鈴しょの萌芽を追うように小豆の野良生えも目立ってきます。小豆は収穫の際にどうしても脱粒してしまい、翌年になってたくさん発芽してきます。中には、2年、3年以上経ってからも発芽してきますのでしぶといです・・

ちなみに、大豆は豆が水分を含んでしまうので野良で生えることはありません。

中耕することで、こういった野良小豆などを除草することができます。
とはいえ、いつまでも地中から生えてきますので厄介です。

中耕作業から1週間後にもう一度中耕(半培土)をし、その1週間後にカマボコ状に「本培土」をします。その辺は、いい画像が撮れたらアップしていきたいと思います!!

せっかくなので、野良小豆を抜いてみました。
野良生えするのに限って、元気だったりします。


レアな特徴

2017年5月30日(火)【レタス】

ハギ原さん

レタス生産者ハギ原さん

天気が不安定ですね。
でも、露地レタスは順調に成育しています。
江別の露地レタスは加工向けがメインです。すでに消費者のみなさんは外食チェーンなどで江別産レタスを召し上がっているのかもしれませんね。

レタス生産者なら不思議に思ったかもしれませんが、江別産レタスはマルチを使わないのが特徴です。野菜本来の姿で栽培しています。
江別は冷涼な環境に恵まれてレタス栽培にあっているといわれています。
レタスにつく病気も少ないと農協職員が話していました。
私もそう思います!!!



2017年6月

28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1

ブロガー一覧