北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

種子ばれいしょ補助員検査(2期目)

2017年7月4日(火)【男爵】

えぞふじくん(ミニふじ)さん

男爵生産者えぞふじくん(ミニふじ)さん

7月に入り、あちらこちらの畑で馬鈴薯の花が見られるようになりました。
倶知安の出雲(いずも)地区では特に美しく見渡すことができます。
品種ごとに、花の色や咲き方が異なりますので一つ一つの畑を見てどの品種なのか分かると観光客に自慢できます(笑)。

今日は、2期目の種馬鈴薯防疫補助員検査が行われました。
2期目は、シストセンチュウ(根に付着して養分を吸い取り、大量の休眠卵を残して次代に増殖していく恐ろしい線虫)がいないかどうか、通路沿いの複数株を抜き取って確認します。(1頭でもいたらアウトです)

ちなみに、「男しゃく」はシストセンチュウに弱いのですが、「とうや」、「キタアカリ」、「きたかむい」という品種はシストセンチュウに強く、休眠卵が目覚めても養分が吸えずに餓死させることができます。

「きたかむい」の種芋の畑も歩きましたが、こちらは生育が旺盛で腰の高さくらいまで伸びています。足元も見えませんので、私は歩くだけでも大変でした(笑)。

検査で抜き取った芋を並べてみました。
男しゃく、キタアカリ、きたかむいとも大きいもので50~60gありました。
開花が終わると、これからは地上部の生長が止まり、蓄積した養分が芋の肥大に向けられていきます。

これからの時期は、あまり暑くならずに、昼夜の寒暖差があった方がホクホクしたおいしい芋になるみたいですよ!



カボチャ定植おわり!

2017年7月4日(火)【かぼちゃ】

名寄の北のさん

かぼちゃ生産者名寄の北のさん

どうも。名寄の北のです。

雨が近くて困ってます。
管理作業が追いつかない感じです。

しかし、できることからコツコツと!
1つ1つの積み重ねって大事です。とても大事です。

さて、前回のブログの最後に黄色い花の写真を投稿しましたが、なんだかわかりましたか?

答えは「キャベツ」です。
去年に植え付けしたキャベツから年を越して花が咲くのです。
菜の花と似てますよね。同じアブラナ科です。

仕事の方はと言いますと、全5回のかぼちゃの定植も終わり、お金になる植え物はあと1回分のキャベツだけです。

最後のかぼちゃの定植は暑い日でした。妻はこんな感じになってました。

汗だくです。
大変辛い作業ですが、間違いなくナイスバディーになっています( ̄▽ ̄)

1回目のかぼちゃももうパオパオの中から出してくれ〜と言っています。

マルチの間を除草作業するまでは剥がすわけにはなりません。
もうちょっと我慢してください。
雨が近いのでトラクターが入れません。
が、時はきました。

写真はパオパオをかけてないところのものですが、あとで手でできるだけ取りたく無いのでマルチの側を攻めに攻めます。
まだまだ修行が足りません。

そして、パオパオを剥いでツルを直した数日後の写真がこちらです!

おっきくなってきました〜!!!



誘引と脇芽欠き作業

2017年7月2日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

ミニトマト生産者愛果(あいか)さん

1週間に1日くらい晴れの日がありますが、それ以外は湿りがちな毎日です。晴耕雨読なんて言葉とは無関係にハウス内ではミニトマトの脇芽欠きと誘引作業が続いています。このままではヒョロヒョロと丈ばかり伸びてしまいます。もっと光を!



 今の畑の風景

2017年7月2日(日)【たまねぎ】

ヨネタマさん

たまねぎ生産者ヨネタマさん

 こんにちは、7月に入りましたね。先日(6月30日)には、北見市内で30℃を超える暑さになりました!本格的な夏がやってきたなと言う感じです。
 一部圃場では、5月下旬から6月の低温・多雨の影響による湿害の発生は見られますが、全体を見ると順調に進んでいます☆
 極早生品種は玉肥大が始まっていて、収穫期が近づいていることを実感しています。

 春小麦・白菜ともに順調です。

 



摘蕾(てきらい)

2017年7月2日(日)【ゆり根】

ゆり男さん

ゆり根生産者ゆり男さん

摘蕾といって花の芽を取り除く作業が始まりました。芽摘みと言ったりもします。

花に栄養をとられないように、蕾が付いたら一つずつ地道に取り除きます。もちろん手作業です!



2017年8月

30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

ブロガー一覧