おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

肉みそのレタス包み
調理時間
約 30 分
消費カロリー
約 330 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • 玉ねぎ、にんにく、セロリ、ピーマンはみじん切りにする。
  • オリーブ油大さじ2で玉ねぎを透き通るまで炒め、にんにくとセロリ、ベイリーフとひき肉の順に加えて炒め合わせ、塩小さじ1/2弱、こしょう少々で調味する。
  • 2にピーマンを加えて炒め、カレー粉大さじ1/2、チリパウダー小さじ1/2、カイエンヌペッパー小さじ1/4を加えて炒め、トマト水煮を加えてつぶしながら煮る。煮つまってきたら赤ワイン大さじ3を加えて塩とこしょう各少々で味を調える。
  • レタスは1枚ずつはがし、3を包んでいただく。

材料(4人分)
玉ねぎ1/2個
にんにく1/2片
セロリ1/2本
ピーマン(緑・赤・黄)各1個
ベイリーフ1枚
牛ひき肉300g
トマト水煮(缶詰)小1缶
レタス1個
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

拍子木切り
大根やにんじんなどを1センチ角、長さ4~5センチの細長い棒状に切る切り方。切った形が拍子木に似ているのでこの名があります。
手開き
魚を手で開くこと。いわしなど、身が柔らかくてくずれやすく、小骨が多い魚を開くときに使われる手法です。頭と内臓を除いたら、腹に指を指しこんで中骨に沿って動かし、身を開いて骨をはずします。
鍋返し
小さく切った材料を煮たり、炒めたりするときに使う手法で、鍋の向こう側を手前に起こすように大きくふり動かし、鍋の中の材料を返すこと。こうすることで、鍋に材料が焦げつかず、調味料が全体によく回り、均一に味がつくとされています。