おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

ふきと油揚げの煮もの
調理時間
約 30 分
消費カロリー
約 71 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • ふきは鍋に入る大きさに切って多めの塩をふり、板ずりをする。沸騰した湯に太いものから順に入れてゆで、水にとって皮をむき、5センチ長さに切る。
  • 油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、三角に切る。
  • 鍋に油大さじ1/2を熱してふきを炒め、だし汁2と1/2カップと2を入れて5~6分煮、砂糖大さじ1と1/2、うす口しょうゆ大さじ2、みりん大さじ1/2を加える。落としぶたをして弱火にし、煮汁が1/3くらいになるまで煮て火を止め、味を含ませる。

材料(4人分)
ふき200g
油揚げ1枚
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

田楽(でんがく)
豆腐を串に刺し、みそを塗って焼いた料理。本来は豆腐の料理ですが、なすや里いも、こんにゃくなどでも作られます。魚を使った田楽は、「魚田(ぎょでん)」と呼びます。
にがり
豆腐の凝固剤として使わる液体。海水から塩を精製するときに出る液体や、塩の貯蔵中に湿気を吸って分離してくる液体が天然のにがりで、成分は塩化マグネシウムなどです。
えびの尾の先を切る。
えびを天ぷらにするときに用いる手法。えびは殻と背わたをとって尾の先を少し切り落とし、包丁の先で尾の中の水分をしごき出します。こうしておくと、油の中に入れたときに水が出てはねることがありません。