おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

ぶりとねぎのみぞれ鍋
調理時間
約 30 分
消費カロリー
約 343 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • ぶりはひと口大に切り、塩をふって20分ほどおく。表面がしっとりしてきたら、ざるにのせて熱湯を回しかける。
  • ねぎは2cm厚さの斜め切りにする。
  • 大根は皮をむいてすりおろし、ざるに上げて軽く汁気をきる。
  • 土鍋にAのだし汁と酒を入れてひと煮たちさせ、しょうゆを加える。再び煮たったら、①と②を入れ、4~5分煮て火を通す。③をのせて2~3分煮、火から下ろす。

材料(4人分)
ぶり4切れ(約400g)
適量
ねぎ4本
大根2/3本(約800g)
A だし汁7カップ
A 酒大さじ2
A しょうゆ大さじ2
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

ビーフン
米の粉で作った麺。中国や東南アジアでよく使われます。そうめんのように細いものと、幅広の平たいものとがあり、乾燥した状態で売られています。湯か水に浸してもどし、よく水気をきって使います。
パピヨット
紙包み焼きのこと。紙はパラフィン紙、アルミ箔、硫酸紙などを使い、生か軽く火を通した材料を包んで密閉し、高温のオーブンで焼きます。紙が膨れあがった状態で供します。
平造り
刺身の切り方のひとつで、切り口の角がはっきり立つように切ったもの。さくどりした身に包丁を直角に入れて切ります。まず、さくの右側から、手前に包丁の刃元を入れ、半月を描くように手前いっぱいにひいて切り離します。