おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

料理用語検索

料理用語検索 「湯むき」「かくし包丁」など気になるあの料理用語をパッと解説。

検索ワード:
検索結果
160件中 1~10件表示
松の実
朝鮮五葉松の松笠の中に入っている種子の、殻をむいた中の実。濃厚な独特の風味がもち味。漢方では滋養強壮作用があるとされ、中国や韓国で薬膳料理のほか、お菓子などにも使われます。また、イタリアのバジルで作るソース、ジェノバペーストにも欠かせません。
糸唐辛子
乾燥した赤唐辛子を糸のように細く切ったもの。辛みはほとんどなく、料理のあしらいに使われます。
ビーツ
赤いさとう大根。ほのかな甘みと鮮やかな深紅色が特徴で、ロシア料理のボルシチに欠かせません。生もありますが、水煮の缶詰が手軽です。
ブレゼ
肉と野菜などを、少量の水分で、ふたをして密閉した状態で蒸し煮にすること。煮こみより少ない水分で調理することで、素材のもち味が生かされます。
プルコギ
韓国語で、プル=火、コギ=肉の意味で、直訳すると焼き肉のこと。しょうゆベースの甘辛味をつけた牛肉と野菜を、平たい鍋で煮るようにして焼く韓国料理です。
ナンプラー
タイの調味料。小魚を塩漬けにして熟成させて作る魚醤で、濃厚なうまみとややクセのある香りが特徴です。ベトナムのニョクマムや日本のしょっつるやいしるも、同じような製法で作られます。
押し麦
大麦を食べやすく加工したもの。米と合わせて炊き、麦ご飯にして食べます。米の1~2割から同量程度まで、好みの比率で混ぜて炊きます。
バーニャカウダ
オリーブ油をベースに。にんにくとアンチョビーを加えて作るソース。ゆでた野菜などを浸していただく、イタリア・ピエモンテ地方の料理です。
油通し
炒めものの下処理の手法で、下味をつけた肉や魚介、火の通りにくい野菜をあらかじめさっと揚げておくこと。油通しをすることで、野菜は色鮮やかに、肉や魚介はうまみを封じこめておいしく仕上がります。
合わせ酢
酢にいろいろな調味料を合わせたもの。二杯酢や三杯酢、甘酢などのほか、すし酢も合わせ酢の一種です。

株式会社クックアンドライフ社(旧株式会社婦人生活事業部)提供