北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

たまねぎ

玉葱収穫【極早生】

2011年8月8日(月)【たまねぎ】

島貫農園さん

みなさん、こんにちは。
島貫農園です。

いよいよ始まりました。
定植遅れが秋の収穫に影響があるかもしれないと心配しましたが、今年の極早生玉葱はまずまずの出来になりました。
大きさ、形、色と3拍子揃ってます。

極早生玉葱は出荷日が決められているので、それに間に合うように作業を進めています。
まず玉葱を列に集め、オニオンピッカーで拾い上げ、玉葱が1.3㌧入るコンテナに詰めます。
玉葱は葉が付いたまま拾い上げています。
この状態ではまだ出荷しません。
もうひと手間かけてから出荷となります。

この次の工程はまた後ほど。



親亀の上に

2011年8月7日(日)【たまねぎ】

島貫農園さん

みなさん、こんにちは。
島貫農園です。

葉が倒れ出した玉葱畑になにやら出現。
もう少し近づいてみますか。

玉葱畑に咲く一輪、いや、たくさんの花。
その年の気象条件にもよりますが、畑のなかでぽつぽつと玉葱が花を咲かせます。
数ある玉葱の中には花を咲かせて子孫を残さねば、と思う玉葱もあるのでしょう。

おっと、この花はちょいっと変わってる。
花の中からまた花が出てる。

玉葱作って数十年になりますが、このような花を見るのは初めてです。


堆肥切り返し

2011年8月5日(金)【たまねぎ】

島貫農園さん

みなさん、こんにちは。
島貫農園です。

毎日暑い日が続いてますね。
小麦刈りは順調に進み、今日で終了するようです。
大型コンバインだとあっという間ですね。

我が家では堆肥の切り返しをしています。
最近は堆肥を購入する農家が多いですが、我が家は自家製堆肥にこだわっています。
牛糞は町内の酪農家から購入。
自家製の稲わら、もみがら、あぜ草を混ぜてつくっています。
堆肥は混ぜただけでは出来上がらないので、数回「切り返し」という作業を行います。
積み直すことによって、堆肥全体に空気を行き渡らせ、腐熟をすすめるのです。
切り返しをすると、秋にはほっこりとした良い堆肥が出来上がります。

作業の様子を動画でご覧下さい。


堆肥切り返し【動画】

玉葱苗床その後

2011年8月3日(水)【たまねぎ】

島貫農園さん

みなさん、こんにちは。
島貫農園です。

すがすがしい朝です。
小麦刈りは順調に進んでいるようで、刈り終った畑のあちこちには麦稈ロールが転がってます。
小麦刈りが順調に進む年は、秋の収穫も順調に進むのだそうです。

こちら玉葱苗床ハウスです。
玉葱の植え付けが終わって空いたところに、とうもろこしを植えて収穫。
収穫が終わったとうもろこしは緑肥として苗床にすき込んでます。
苗作りは前の年から始まっているんです。



もう少し【極早生玉葱】

2011年8月2日(火)【たまねぎ】

島貫農園さん

みなさん、こんにちは。
島貫農園です。

根切りした玉葱は、良い感じに仕上がってきました。
左奥の方には根切りした早生が、そのまた奥は根切りしてない早生の玉葱があります。(ちょっとわかりづらくて申し訳ありません。)

根を切ると玉葱が締まってきてますから、うまみがぎゅうっとつまってきました。
表面の皮にも色が付いてきて、ますますいい顔になってきました。

収穫までもうすぐです。


2019年6月

26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

やさいカテゴリ

アーカイブ