北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

大根

大根圃場整備

2012年9月24日(月)【大根】

飯田農場さん

6月某日。



大根圃場に雑草が生えてきたのでロータリー(整地の機械)をかけてきました。


ビフォー。





アフター。




やはり畑は綺麗だと気持ちがいいです。


圃場を綺麗にすることで雑草の種を徐々に減らす効果もあります。


また、雑草は作物の生育を阻害し収穫時に機械に挟まり故障の原因にもなります。


このように畑作農家は雑草との戦いを日々繰り広げているのです(笑)



生産者会議

2012年9月24日(月)【大根】

飯田農場さん

どうも!ご無沙汰しておりました。

多忙を極めたためなかなか更新が出来ずに9月になってしまいました。



6月某日。

大根収穫前の生産者会議のひとコマです。


画像は秀品にも優品にもできない大根たちです。このような大根を作らない事も生産者の技術であり、栽培の面白さの一つでもあります!



【秀品】:形・大きさが秀逸なものです。生産者は秀品を多く出荷することで収入になります。秀品は優品の2~3割高いと言ったところでしょうか!!


【優品】:多少の曲がりや小さなキズなどが挙げられます。優品を少なくする事が大根を安定出荷する第一歩となります。



あれから大根は・・・。

2012年6月11日(月)【大根】

飯田農場さん

6月9日。

5月22日の追肥から約20日が経過しました。



6月10日。

大根は追肥をしたのと連日の霧雨のおかげか実がペットボトルのキャップほどの太さになりました!


このまま行けば、7月上旬には収穫・出荷できるかな~と予測しています。(笑)


試しに一本抜いてみました。

モノは小さいけどしっかりとした大根になっています♪

出荷(Lサイズ)するには瓶ビールほどの太さと1キロ~1.2キロ前後に仕上げる必要があります。

この調整が難しいです(苦)

ですが今年も大根終了日まで安定的に出荷できるようにガンバロウと思う今日この頃です!!



長芋パイプ立て、マルチ、ネット

2012年6月11日(月)【大根】

飯田農場さん

6月8日。
長芋を植えつけた畝に一本ずつマルチを貼って行きます。

【マルチ】:パオパオに近い効果を持った被覆材。色によって効果が変わります。



パイプにネットをかけます。

あらかじめ立てたパイプに上下に紐を付けて、紐にネットをくぐらせます。


【長芋ネット】:網状になっており、網目の間隔が幅広いモノから狭いモノまであります。


長芋はアサガオのように芽がつる状になるため、つるを這わせる為のネットが必要となります。

全行程終了。

長芋畑の完成です!


ここから防除や追肥のため畝間を通路にするので平らにしていきます。


さて、ようやく長芋植え付け作業が一段落したところで次回は最初の大根追肥のあれからをお送りします!


ようやくひとつ作業が完了しました!これから長芋の管理作業が始まります。

まだまだ気を抜けませんが収穫に向けて精魂込めて育てて行こうと思う今日この頃でした!!



長芋植え付け

2012年6月11日(月)【大根】

飯田農場さん

6月1日。

植え付け前の畝です。

そして植え付け後。

畝の溝が消えて山になります。

山にするために両サイドの円盤で凹を山にして中央の鉄板で山をならして行きます。


植える目印を付けるコロコロ。

コロコロの凸の間隔によって植え付ける株間が決まります。

【株間】:植え付けた種(または苗)1株1株との間のこと。


さて、長芋の植え付けも中盤に差しかかりました!

身体がフル稼働になるので体調管理はしっかりして次に控えた大根収穫に備えようと思う今日この頃です!!



2019年7月

30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

やさいカテゴリ

アーカイブ