北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

畑の土が見えてくるまで

2013年4月7日(日)【にんじん】

グリーンファーム笹原さん

こんにちは。 先日の雪の穴からやっと脱出してきました笹原です。
今では、あの穴の深さも120cm位になりました。
(1週間で40cm以上融けました。)


さて、私のところでは人参の他にじゃがいも
(男爵いも・キタアカリ・きたかむい)も栽培しています。
4月2日からじゃがいもの種の準備をはじめました。

大きさ別に分けて、大玉(3つ切)、中玉(2つ切り)、
小玉(切らずに丸粒のまま蒔く)という具合に選別していきます。

12ヘクタール分の種いも25,000kgの選別に4日ぐらいかかりました。

種芋の芽を元気に出させて育てる、浴光育芽のビニールハウス予定地の
除雪も終わりましたが、やっぱり雪はいつもより多かったですね。

これから、地面が乾き次第ビニールハウスを建てる予定です。

てん菜(砂糖だいこん)も栽培しています。

2月中旬に除雪を済ませてから、ビニールハウスを建てています。

5月上旬に畑に移植する予定ですが種を蒔いてから23日目では、
こんなになっているてん菜の苗です。 

玉葱の生育は、きたやさいで玉葱のブログを書いている
美幌町の山本農場さんの所よりは大分遅れています。

京極町の定植は例年だと5月中旬ですが、
今年の雪の多さを考えて、は種時期を少し遅らせてみました。
多分例年より1週間ほど遅れての定植となりそうです。

種を蒔いたのは3月25日、やっと芽が出てきました。
子葉が2つ折になって出てくるのです。かわいいでしょう。

てん菜も玉葱も種を蒔いてからは、日に何度もビニールハウスに
足を運んで、いつ芽が出るかと気をもんでいます。
だから、元気に芽が出てきたときの喜びもひとしおです。



2013年4月

31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

ブロガー一覧

やさいカテゴリ

アーカイブ