北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

ミニトマト

収穫ピーク

2017年8月13日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

例年よりも1週間ほど遅れて収穫ピーク到来です。管理作業がなかなか進まなくなりますが、まずは収穫ピークを乗り切るのが優先です。パートさんもほぼ毎日来てもらっています。



来訪者

2017年8月6日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

ミニトマト脇芽欠きと誘引作業もなんとか生長に追いついています。

夜は涼しい日が続いているためか株も肥料を吸って勢いが強くなっています。

そんな作業中に「エゾオオマルハナバチ」がハウスを訪れました。幼虫の餌である花粉をせっせと集めています。自分も頑張らなくては!



管理作業

2017年7月30日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

ミニトマトの収穫作業をパートさんに担当してもらい、自分は脇芽欠きや誘引作業に専念しています。

枝が伸びて通路に出てくると収穫作業の邪魔になるので時間との闘いです。

家の周りの水田ではヘリ防除が行われています。どの作物も生長スピードとの闘いですね。



夏空

2017年7月23日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

一昨日の前線を伴った低気圧の通過後、大陸からの乾いた涼しい北風のおかげでとても爽やかです。これぞ北海道。

我が家のミニトマトも赤くなり出してパートさんを頼んでの収穫も始まりました。

合間に脇芽欠きと誘引作業をしています。



極端な天気

2017年7月16日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

日差しが欲しいと嘆いていたところが、一転猛暑続きの毎日となったり今日は豪雨と極端な天気が続いています。

間もなく我が家でも収穫開始ですが、ひたすら脇芽欠きと誘引作業をしています。

一日中一人で作業していますが、鳥類から爬虫類、両生類、昆虫まで色々と来客があって賑やかです(笑)。



2017年8月

30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

生産者プロフィール

生産者プロフィール

ミニトマト生産者

愛果(あいか)さん

北海道北西部の留萌管内に位置し、日本海を望む小平町と苫前町で育ったミニトマトの「愛果」です。留萌管内は北緯43度以北にも関わらず、夏は日照が長く温暖な為、野菜はもとより果樹やお米の産地でもあり、酪農畜産や水産業も盛んで、北海道の味覚の宝庫なのです。太陽と自然と人に愛され育った私と私の故郷をお伝え致します。