北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

ミニトマト

片付け開始

2017年10月15日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

未だ霜も降りず、量は減りつつもミニトマトの収穫は続いています。ハウス内では通路シートの片付けを始めました。

地面が露わになっていると通路シートがある状態より霜を抑える効果があるようです。

最終段10段目果房もうっすらと色がついてきました。最後まで収穫できるかな?



シーズンオフはまだ

2017年10月8日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

今週は天気予報よりも最低気温が高く霜も降りなかったため、未だミニトマト収穫継続中です。

最終段10段目に対して現在9段目収獲中です。このまま最後まで行けるでしょうか?

周りの山では紅葉が進んでいます。



山が黄色くなってきました

2017年10月1日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

ハウス周りでも雪虫が飛ぶようになり、圃場背後の山も黄色くなってきています。

来週には霜が降りそうな天気予報も出ていて収穫もそろそろ終わりそうです。現在ミニトマトは8段目を収穫中です。



台風18号その後

2017年9月20日(水)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

9月18日の朝から夜にかけて台風18号は北海道に上陸、オホーツク海へ抜けて行きました。ミニトマトハウスも被害を防ぐために風が強くなる時間からハウスを全開にしていました。

ハウス内は雨水で水浸しで通路も水が溜まっています。

しかし奇跡的に裂果もほとんど無く、19日からは収穫も再開できています。



台風18号接近に備えて

2017年9月17日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

明日の夕方にここ小平町の直上を台風18号が通過する予報なので、その前にミニトマトをあらかた収穫。過去に平成16年の台風18号の直撃を受けてパイプ径28ミリのミニトマトハウスを目の前で潰されたことがあるので、今回の針路と勢力が心配。



2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

生産者プロフィール

生産者プロフィール

ミニトマト生産者

愛果(あいか)さん

北海道北西部の留萌管内に位置し、日本海を望む小平町と苫前町で育ったミニトマトの「愛果」です。留萌管内は北緯43度以北にも関わらず、夏は日照が長く温暖な為、野菜はもとより果樹やお米の産地でもあり、酪農畜産や水産業も盛んで、北海道の味覚の宝庫なのです。太陽と自然と人に愛され育った私と私の故郷をお伝え致します。

アーカイブ