北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

種子馬鈴薯の第1期補助員検査

2017年6月20日(火)【男爵】

えぞふじくん(ミニふじ)さん

男爵生産者えぞふじくん(ミニふじ)さん

今日は種芋検査のお話しです。
23日の自主検査に備え、防疫補助員による自主検査を行いました。
倶知安町全体で、種芋ほ場は45筆で51haもありますので、4つの班に分けて地区を割り振りして、分担してほ場確認をしていきます。

地区の種芋生産者と防疫補助員とで、種芋ほ場内のウィルス株を抜き取っているかを主に確認します。初回なので、うねの数や株数を確認したり、ほ場の入り口に設置する種芋の栽培管理状況を書いた看板や、ほ場に入る際に長靴を洗う水槽がちゃんと設置しているかどうか、隣接する作物が種芋に影響しないかどうかなども重要なポイントです。

本培土している場合、この間を歩くのが結構大変だったりします。
バランスを崩さないよう、両手を広げるのがいいような気がします(笑)。

検査中に、ウィルス病の疑いで抜き取った株ですが、芋も順調に生育しています。
直径2センチくらいになっていますね。

今年は、特にキタアカリの生育がいいと思います。楽しみですね!

半日、歩きっぱなしでしたので、歩数計を見たら10,000歩以上になっていました。皆さん、お疲れさまでした!


一回目のカボチャが。

2017年6月20日(火)【かぼちゃ】

名寄の北のさん

かぼちゃ生産者名寄の北のさん

どうも。名寄の北のです。

前回お約束していたカボチャの生育についてです。

霜注意報が出ていた日もありましたが、なんとかこちらの方は大きな被害もなく順調に生育が進んでおります。

作業も進んでおりましてあとカボチャの植え付けも残すところあと1回分を残すのみとなりました。

田舎ならではの光景として、畑の見回りの途中こんな可愛いお友達に会うことができました。

さて、植え付けに追われ、てんやわんやしていてもカボチャは大きくなるわけで、一週間前に撮った写真がこちらです。

そして昨日撮った写真がこちら。

着実にデカくなってます。
あー植え付け早く終わらせないと管理作業に追われちゃうなんて思いながら安全第一で作業してます。

さて、ここで問題です。こないだ畑をトラクターで走っていた時のことです。黄色い花の咲いていました。この作物は何でしょうか?



本培土について

2017年6月19日(月)【男爵】

えぞふじくん(ミニふじ)さん

男爵生産者えぞふじくん(ミニふじ)さん

ようやく、天候も安定してきました!
今日から、本培土作業のピークを迎えています。

本培土とは、きれいなかまぼこ状に土を成型する作業のことで、芋が地表に出にくく肥大が均一になり、茎葉が倒伏しやすくなるなどさまざまな効果があります。
間近で撮影させて頂きましたが、結構、サクサク進みます。
今日は畑の水分がほど良いそうです。(多いと地表面が固まって収穫時に土塊となることやひび割れして芋が緑になってしまう)

早生品種「とうや」の早いところでは、ちらほらと花が咲き始めました。
今のところ「疫病」は確認されていませんが、このまま順調に生育して欲しいものです。



定植完了

2017年6月18日(日)【ミニトマト】

愛果(あいか)さん

ミニトマト生産者愛果(あいか)さん

雨の合間を縫って定植が完了しました。ミニトマト達も育苗期間中の曇天に慣れてしまって、たまに強い日差しを浴びるとバテ気味です。

現在2段目が開花しはじめています。これから好天が続きそうなので日差しに負けない元気な株に育ってほしいです。



本日は快晴ですが

2017年6月17日(土)【レタス】

ハギ原さん

レタス生産者ハギ原さん

前回のブログで順調に定植してるなんて書いた途端に雨が続いて、定植が遅れてしまいました。
本日はどうやってレタスを定植しているか紹介いたします。

これが野菜移植機です。私の農場では2台をレタス専用で使用して、1回に4万株のレタスを植えます。5時間程で植え終わります。

大雨も困りますが干ばつにならない程度に雨がほしいですね。

次回は除草作業をお見せできればと考えています。


2017年8月

30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

ブロガー一覧