北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

タキイ種苗さんに行ってきました

2018年4月18日(水)【ほうれんそう】

マツモトさん

ほうれんそう生産者マツモトさん

4/12日に長沼で行われました「タキイ種苗」さんのホウレンソウ展示会
に参加してきました。

タキイ種苗さんはトマトで有名ですが、ほうれん草もたくさんの品種を
作っています。ほうれん草もいろいろな品種があって普段スーパーなどで見るほうれん草はどれも同じように見えますが、時期や地域などで品種が変わるので微妙に姿形が違います。

今回タキイさんの新しいほうれん草は北海道の春秋向けの品種でした。
まだ発売されていないので詳しくは書けないのですが、病気に強く収量性が
高そうなので期待できそうです。私のところでも秋に栽培してみようと思っています。


4/1に播種したほうれん草も芽が出揃ってきました。

これから虫や病気がつかないように気をつけて管理して行きたいと思います。


雪!!

2018年4月16日(月)【スイートコーン】

とかち晴れさん

スイートコーン生産者とかち晴れさん

こんにちは!
とかち晴れです!!
昨日、十勝地方では15cmの積雪がありました。
今は長芋の春掘り作業の真っ最中!!
春のあたたかさで今日にもとけるとおもいますが
早く春掘り作業を再開したいです!!



メロン苗の状況について

2018年4月13日(金)【メロン】

ゆうさん

メロン生産者ゆうさん

奈井江町のメロン生産者の苗の状況です。
3月21日に定植をした苗です。
今年は、空知管内で例年より降雪量が多く農作業が遅れるかもと
心配されておりましたが雪どけが早いため
🍈出荷時期も例年通りになりそうです。



ほうれん草の種を蒔きました

2018年4月11日(水)【ほうれんそう】

マツモトさん

ほうれんそう生産者マツモトさん

札幌も雪が溶けて春らしい季節になってきました。
これからいよいよ本格的に農作業シーズンが始まります。

「ポーラスター」ほうれん草のほとんどが施設栽培なのでビニールハウスで
栽培されています。

私たちの地区では冬の間ビニールハウスのビニールを外している
所が多いので、まずはビニールハウスのビニールかけから始まります。

ハウスが出来上がった後、前年の土壌診断をもとに肥料設計をして
施肥(肥料をやる事)をし、播種(タネを蒔くこと)をします。

ほうれん草の種はこのように小さく硬い種です。

これを専用の機械で一粒づつ土に落とし上から鎮圧して完了になります。

今の時期ですと40日前後で収穫になります。

5月中旬には皆様にほうれん草をお届けできると思いますので
楽しみにしてください。



第2話 『てん菜』って知ってる?

2018年4月10日(火)【メークイーン】

桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

メークイーン生産者桧山南部食用馬鈴薯生産組合さん

こんにちは
おらいも君です。

今回は、馬鈴しょのお話から少し離れて、『てん菜』のお話をしようと思います。

みなさん、『てん菜』って知っていますか?
『てん菜』は砂糖の原料で、『ビート』や『砂糖大根』と呼ばれているんですよ。
大根といっても、みなさんがよくスーパーで目にする大根とは別ものなんですけどね(笑)
てん菜は寒さに強いから、日本では北海道を中心に栽培されているんだ。
もちろん檜山南部地区でも栽培されていますよ。

檜山南部地区では、3月の中旬から下旬にかけて種蒔きが始まりました。
てん菜の種は、紙でできた『蜂の巣』のような形のポットに土を入れて蒔くんですよ。

生産者は、ハウスの中で水や温度の管理をしながら大事に育てているんです。
もう、とっくに芽が出て太陽の日差しを受けながら気持ちよさそうに育っていましたよ。

まだ、外は寒いから、もう少し大きくなってから畑に植えることになります。
畑に植える時期は、ちょうどGW頃かな。
このまま順調に育ってくれるといいですね~ヽ(^o^)丿


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

ブロガー一覧

アーカイブ