おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

牛肉とごぼうのしぐれ煮
調理時間
約 20 分
消費カロリー
約 220 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • ごぼうは長めの乱切りにして酢水に5分つける。
  • しょうがはせん切り、牛肉はひと口大に切る。
  • 鍋に油大さじ2を熱し、火からおろして牛肉を入れ、混ぜて火にかける。しょうがを加えて強火で炒め、砂糖大さじ1と1/2、酒としょうゆ各大さじ2を順に加えて軽く煮、肉をとり出す。
  • 3の鍋に水1/2~2/3カップ、水気をきった1と1の酢水大さじ2、しょうゆ大さじ1を加え、落としぶたをして弱~中火で煮汁がなくなるまで煮、牛肉をもどし入れてゆでたさやいんげんを加え混ぜる。

材料(4人分)
ごぼう1本
しょうが1/2~1かけ
牛肉(薄切り)200g
さやいんげん100g
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

ケッパー
南ヨーロッパ産の植物ケッパーのつぼみを酢漬けにしたもの。サラダに散らしたり、刻んでソースに加えます。とりわけスモークサーモンと相性がよく、スライスオニオンとともに添えられます。5~6ミリの緑色の粒状で、びん詰めなどで売られています。
南蛮
ねぎや唐辛子を使った料理につける名前。スペイン、オランダ、ポルトガルなどを経て入ってきた材料や調理法につけられたものです。南蛮漬けは揚げた材料を唐辛子と酢を加えて漬け汁に漬けたもの。南蛮煮は唐辛子を加えた煮もの、鴨南蛮はねぎを使うのが名前の由来です。
八方だし
だしの分量が多い、うす味のだし汁のことで、どんな料理にも合うのでこう呼ばれます。だし汁、しょうゆ、みりん、酒、塩を一定の割合で合わせておき、材料や料理の種類によって味を加減して使います。