北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

変わりやすいのは、乙女心か、お天気か?

2019年6月11日(火)【ゆり根】

丘に住むたぬきさん

ゆり根生産者丘に住むたぬきさん

 日頃、お日様の状況をよく見極め、作業に活かすのが良い畑を作り、良い作物が出来あがる・・・はず。今年のお天気も、かなり過激な模様・・・。
畑や農作物は、農夫の性格が、よく現れるといいます。見掛け倒しか、内容重視など、小生は、いずれもそれなりにアバウト・・笑。過激なお天気に翻弄されてます。
 男女の関係も、気持ちをよく理解し、最善の対応をしなければ、良い結果にならないのは誰もが経験する事ですね。お天気同様、見極めがとても大切。苦い経験は時間が掛かってもそれなりに「肥し」になるものです。被害は最小限に、みのりは最大限に!
 作物も、人間関係も、考えようによっては、同じようなものかもしれません。偉そうなことは言えない人生の小生ですが・・・・笑。
  ゆり根に体力をつけてもらう為に、少し「追肥」しました。出来る事は惜しまず、後悔しないように、夏に備えて。



畑の水道

2019年6月5日(水)【メロン】

JAきょうわ青果課さん

メロン生産者JAきょうわ青果課さん

5月はいかがお過ごしでしたか?急な気温上昇に耐えられず体調を崩し気味なJAきょうわ青果課Sです。

ここ4年程の傾向として北海道の5月は好天が続き、逆に6月に低温や多雨といった天候が続いているように感じます。盆前出荷のメロン・スイカの着果期が6月という事もあり、これからの天候が非常に気になる所です。
そんな共和町は以前まで5月~9月のかんがい期の降水量が少なく、更に砂質土が広く分布していた為、保水性が無い事が問題視されていました。
これらの諸問題を解決した共和ダムへ行ってきました。

ダムの詳細として↓

「水の確保」を昭和時代から進めていた先人に感謝です。

奥の方に共和ダムが見えるのがわかりますか?

実際の圃場での畑かんの様子はまた後程・・・。

ではでは。


らいでんスイカ~初夏~

2019年6月4日(火)【メロン】

JAきょうわ青果課さん

メロン生産者JAきょうわ青果課さん

らいでんスイカの更新を怠っていたJAきょうわ青果課Sです。すみません。

さて、出荷を来週に控えている夏の味覚「らいでんスイカ」の状況を見てきました。
メロン同様連作障害防止として植穴にネギを混植してます。

今年は、5月の天候が平年気温が一日当たり2.9℃上回り、降水量については平年の74%で少雨傾向でした。
日照時間に至っては、平年比「145%」と記録的な日照という事もあり生育は非常に順調です。

現在のスイカ↓


今すぐ食べたい所ですが、今週中に試し割りを行い、来週の初選果に向け管理を行っていきます。

早く、皆さんにらいでんスイカを届けたい気持ちでいっぱいです!が、もうしばしお待ちください。


余談ですが、共和町は「かかしのふるさと」です。

街灯も「かかし」なんです。

ではでは。


雨降らず・・・

2019年6月3日(月)【ゆり根】

丘に住むたぬきさん

ゆり根生産者丘に住むたぬきさん

 大変御無沙汰しております。
5月上旬より現時点での降水量は30ミリ未満、怒えらい事
 発芽不慮や、生育停滞、作物が涸れないのが不思議です。
ゆり根も水分不足ですがなんとか出芽、大雪山の稜線の雪も消えるのが、例年より進んでいるような気がします。



アスパラ共選!

2019年5月29日(水)【アスパラガス】

JA北いしかりアスパラガス生産組合さん

アスパラガス生産者JA北いしかりアスパラガス生産組合さん

久しぶりの投稿です。
5月前半よりアスパラガスの共選がスタートしております。
今年の様子はというと、アスパラがない・・・
JAの出荷量にすると、現時点で昨年の半分くらいという厳しい状況です。

気を取り直して今回はアスパラ共選の流れを紹介します!

まずはアスパラをカットし、次に選別です。

パートさんが丁寧に選別したものを、この機械で計量します。

計量したものを束ねて箱詰めします。

こんな感じで出荷しております。
機会があれば是非ご賞味ください!


2019年6月

26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ブロガー一覧

やさいカテゴリ

アーカイブ