北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

たまねぎ

玉葱の様子【極早生品種】

2011年7月19日(火)【たまねぎ】

島貫農園さん

みなさん、こんにちは。
島貫農園です。

8月上旬の極早生玉葱収穫に向けて、順調に生育しています。
玉葱は収穫近くなると、葉っぱが倒れだします。
葉っぱに蓄えられた養分は、玉葱の玉の部分が成長するためにどんどん玉に送られます。
養分を送った葉は茎の根元が柔らかくなるので、自然に葉っぱの重みでたおれるんですね。
6月~7月にかけて丈夫な葉や茎を作る事が、良い玉葱を作るポイントなのです。
さあ、もうすぐ収穫のための準備が始まります。



メロン収穫

2011年7月18日(月)【たまねぎ】

島貫農園さん

みなさん、こんにちは。
島貫農園です。

我が家では、玉葱の他にもいろいろ作っています。
今は3月に種まきをしたメロンが収穫の時期を迎えています。
収穫は1個1個熟し具合を確認しながら行ってます。
糖度も十分のってます。
みなさんメロンをたくさん食べましょう。



玉葱の様子

2011年7月14日(木)【たまねぎ】

島貫農園さん

みなさん、こんにちは。
島貫農園です。

毎日雨が続きますね。
もうしばらくは、雨いらないんですけど。
と言っても仕方ないですね。

玉葱大きくなってます。
早生品種のバレットベアの玉の部分が膨らんできてます。
これは期待出来そうな感じ。

先日作成していたポンプ&カバーが出来上がりました。
ヤッター(-^o^-)
倉庫に転がっていて使わなくなった角パイプなどを使ってカバーを作りました。天板のステンレスは寸足らずだったので、20㍑オイル缶を切って当てました。
少々かっこ悪いけど、いいんです。
雨よけになれば。

インバーターの操作はフタを開けて操作します。
オレンジのカバーは、使ってなかったコンバインの部品。
捨てないで保管してて良かったー。
さて、次は何を作ろうか。


農業士夏季研修

2011年7月12日(火)【たまねぎ】

島貫農園さん

みなさん、こんにちは。
島貫農園です。

農作業が落ち着いてきている7月は、様々な行事が立て込んでおります。
今日はオホーツク管内の農業士会の研修会であります。
「農業士」というとなんだかえらい感じがしますが、そんな事はないですよー。
みんな農業を愛する仲間達であります。

研修会の内容はと言いますと、管内でも先進的な取り組みをしている農家のお話を聞いて、今後の営農に活かしていこうという内容です。
まずは、酪農家のお話。
今回牛舎に行く事が出来なかったので、写真や動画による説明を聞きました。
僕は酪農家ではないのであまり詳しくは分かりませんが、最近はフリーストールのような牛舎が多いように感じています。
搾乳の時間になったら、牛が勝手に搾乳室に入ってきてロボットが乳を搾るというのですね。
しかし今回は従来のようなつなぎ飼いでも100頭規模の牛を飼っている酪農家のお話です。
牛はコンピュータで個体別に管理されております。
えさやりは自動給餌器で行われ、搾乳はキャリロボと呼ばれる搾乳ユニット自動搬送装置が使われています。
すごいですね。

2軒目は玉葱農家の視察です。
環境にやさしい、カーボンオフセット玉葱を作られている方です。
カーボンオフセットとは、温室効果ガスの削減に努めた栽培方法だそうです。
これからはこの様な栽培方法も注目されるかもしれませんね。

3軒目はジャガイモ農家です。

病害虫に強い品種「スノーマーチ」を作っている農家です。
この新しいじゃがいも「スノーマーチ」を売り込むために、農家自らが宣伝、販売のお手伝いをしている経過をお話していただきました。
「スノーマーチ」は訓子府で育種された品種で、特徴は
●芽の部分が浅いので皮がむきやすい。
● 煮崩れしずらく、味がしみやすい。
●皮をむいたいもは白く、しばらく置いても変色する事がないので、フライドポテト等にするときれいな色に揚げ上がる。
●適正に保存して年を越すと甘みが増す。
こんなに良い品種他にはないですよ。

男爵やメークインに負けない、訓子府生まれのじゃがいもを全国区にと、じゃがいも生産者自らが暗中模索、東奔西走、日日夜夜かけずりまわっています。(時には居酒屋で話し込み夜中になることも。)

最近「スノーマーチの歌」も作られましたので、ジャガイモと共に皆さんのお耳にかかることもあるのではないかと思います。

新しいじゃがいも「スノーマーチ」をよろしくお願いします。
あらら、宣伝になっちゃった。





鋭意製作中

2011年7月11日(月)【たまねぎ】

島貫農園さん

みなさん、こんにちは。
島貫農園です。

昨日購入したモーターとインバーターを組み上げ、潅水出来るようになりました。
なかなか使い勝手はよろしいです。

このままでも使えますが、今回は電気部品もあるためうっかり水をかけちゃうと壊れる可能性があるなぁと頭をよぎり、使い終わったあと、倉庫に片付けるのを忘れて雨に当てても壊れるなぁと頭を過ぎったわけです。
これだと、何らかのカバーを作らなければならないです。
さーて、どうしましょ。
廃品の山をながめ、使えそうな部品をピックアップ。

明日には完成出来そうです。




2019年6月

26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

やさいカテゴリ

アーカイブ