北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

いちご

電照開始

2013年3月16日(土)【いちご】

菅農園さん

2月13日定植したすずあかね、4棟中2棟に3時間程度電照を開始しました。

電照によって生育や収穫開始時期など見比べて観察してみようと思います。
当地域の過去最高記録、GSひだか東が記録した10a当たりの出荷量4.1tへ近づけるか。



定植1ヶ月

2013年3月14日(木)【いちご】

菅農園さん

定植1回目のすずあかね、今日で定植1ヶ月が経過しました。

葉水もたっぷり上がりここまでは順調かな。
1ヶ月経過したので今日はマルチかけです。

あと1ヶ月しっかり、じっくり、株養成します。



低気圧

2013年3月10日(日)【いちご】

菅農園さん

今日の昼から明日にかけて低気圧通過によって暴風が予想されています。
被害がないよう願って今日は休養日です。




さがほのか親苗

2013年3月9日(土)【いちご】

菅農園さん

2日前にさがほのかの親苗が到着しました!
この苗から来作用の苗を作ります。

灯油代も100円を超え暖房代節約のため、大きいポットに移植して野菜苗たちと一緒に暖かい育苗床に置かせてもらっています。
4月上旬頃には親苗床に移動かな…。


電照…考え中。

2013年3月6日(水)【いちご】

菅農園さん

2月13日に定植したすずあかね。
来週で1ヶ月が経過します。

「昼と夜の時間が同じ」と言われる春分の日。
ちょうど今時期が12時間日長なので来週あたりもしくは春分の日あたりから1ヶ月間3・4時間ほど電照をかけてみようか考え中なんです。
電照によって収穫期間が早まり総収穫量が増えれば…と。
秋の収穫量を増やす目的で電照を使う例はよく目にするんですが早出し目的の例をあまり聞かないので少々ビビッてます。
電照によってメリットがあるとは思うんだけど、デメリットもありそうな気がして…先生に聞いてみよっかな。



2021年11月

31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

やさいカテゴリ

アーカイブ