北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

スナップエンドウ

スナップえんどう 定植中! (パート2)

2015年3月5日(木)【スナップエンドウ】

みのりんファームさん

今日は、いつもホウレン草取りに来てくれているパートさんや、同じくスナップえんどうを栽培する仲間にも手伝ってもらっての定植です。

このハウスが終わっても、もう一棟あるので黙々と作業は続きます。

植えた後は、こんな感じです。

別アングルでもう一枚。

とりあえず、苗ものがひとつ減ったのでホッと一安心。

定植後の活着は天候に左右されるので、3~4日は晴れが続くとありがたいです。




スナップえんどう 定植中! (パート1)

2015年3月5日(木)【スナップエンドウ】

みのりんファームさん

こんにちは。せたな町の みのりんファームです。

今日は朝から、スナップえんどうの定植(育てた苗を畑に移植)をしてます。

日差しもでて、ちょうど良い天気です。

この苗を植えていきます。

トレイから苗を抜きやくするため、たっぷり水をかけてあります。



下の写真は苗を配置したところです。

効率よく作業ができるように、このように段取りしておきます。

トレイから引き抜いた苗は、こんな感じです。

苗の大きさは7㎝くらいです。

根もしっかりしていい感じです。

根の張りが甘いと、トレイから抜いた時に土がぼろぼろ崩れて、作業がしづらくなります。

この苗を一穴ずつ指で土を軽く掘りながら、植えていきます。

この作業をマルチに開いた穴の数だけ繰り返します。

日差しがあるので、朝8時を過ぎたばかりでもハウスの中はかなり暖かく、根の活着も順調にいきそうです。




定植間近!

2015年3月3日(火)【スナップエンドウ】

みのりんファームさん

こんにちは。せたな町の みのりんファームです。

前回のブログでも報告したとおり、定植畑の準備も終わり

あとは植えるだけになりました。

スナップの苗もぐんぐん成長してきています。

今年の苗は発芽からバッチリだったので、欠株もほとんどなく

非常に満足のいく出来となりました。

葉っぱがだんだん開いてきました。

一応、定植の目安にしているので、もうハウスに植えても良い位になりました。

この状態で日数をかけすぎると、セルトレイ内の肥料分を使い果たし、苗が老化してしまうので、ちょっと焦ります。


種まきから15日後の定植を予定していたのですが、この苗の様子だと少し前倒ししないとダメそうです。

と、いうことで5日に定植することにしました。

次回は定植作業の様子をお届けします。


おまけ
メロンの苗も大きくなりました。



畑づくり その2

2015年3月1日(日)【スナップエンドウ】

みのりんファームさん

ロータリーでの耕耘が終わったら、畝を立てます。

去年も登場した、テーラーという管理機で溝を掘りながら、畝立てしていきます。

奥まで行ったら、折り返し。

5本の畝を立てました。

表面のでこぼこを、手直しします。

これを省くと、マルチを張った時に植え穴と地面の間に隙間ができて、苗を定植してもマルチの中に潜ってしまい、直すのに余計な手間がかかります。

最後に、銀色の「シルバーマルチ」を張って完成です。

春の早いうちは、グリーンマルチで地温を確保したいところですが、夏場に地温が上がりすぎるのを防ぐため、シルバーマルチを使います。

これで、定植準備ができました。

あとは、ハウスを密閉して少しでもハウス内の温度と地温を確保します。



畑づくり その1

2015年3月1日(日)【スナップエンドウ】

みのりんファームさん

こんにちは。せたな町の みのりんファームです。

スナップえんどうの定植に向けて、圃場の準備をしています。


まずは、こちらから。

肥料をまきます。

真ん中の黒っぽいのが肥料です。

有機肥料を使っているので、臭いは「!!」っとくるものがあります。

できるだけ均一にまくのがコツです。


次にロータリーで耕耘します。

愛車が活躍します。

(その2へ続く)



2019年7月

30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

やさいカテゴリ

アーカイブ