北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

堆肥切り返し

2011年7月8日(金)【たまねぎ】

島貫農園さん

みなさん、こんにちは。
島貫農園です。

堆肥は作物作りの基本。
家庭菜園を作られている皆さんも、「畑に堆肥を入れたら野菜の出来が変わった。」という経験をされた方もいるのではないでしょうか。
我が家でも、作物作りは土作りからという事で、毎年畑に堆肥を投入しています。
堆肥の原料となる牛糞は町内の酪農家から、それに稲わらと籾殻、を加えて自分で作っています。

昨秋に積んでおいた堆肥を仕上げるために、切り返しという作業をしています。
堆肥の中に空気を入れると、より良い堆肥に仕上がります。
出来上がった堆肥を購入する農家もいますが、我が家は自家製堆肥にこだわっています。
原料の稲わらがあるから出来るのですね。

時々この堆肥の中にカブトムシの幼虫が居たりします。
幼虫を発見した時はレポート致します。



手をつなぐ

2011年7月8日(金)【かぼちゃ】

なよろいしけんさん

おはようございます。
『なよろいしけん』です。
きたやさいブログのお約束である
週1回の更新は何とかクリアしています。
1週間はあっという間という感じです。
それはかぼちゃも同じようです。

先週少しずつ伸びだしていたツルが
隣の列のかぼちゃと手をつないでいました。

あっという間ですね!
葉っぱも大きくなってきています。
かぼちゃの葉っぱは実を守るために大きくなります。
かぼちゃの実は日に直接当たると日焼けしてしまい、
貯蔵性が落ちてしまいます。
だから大きな葉っぱの下で守られながら成長します。

葉っぱの下を覗いて見ました。

上手く授粉して実がなっていました。
まだまだ小さいですが元気のようです。

これからもっともっとたくさん手をつないで元気に育っていきます。
人間と同じですね!


2011年7月

26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

ブロガー一覧

アーカイブ