北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

忍耐力

2012年9月9日(日)【いちご】

菅農園さん

連日の好天によりミツバチたちの活動が活発になり、箱の中に入りきれずに溢れています。

それにしても一時でしたが、今日の雨は凄かった!!
ハウス周りの排水が追いつかないほど短時間に大雨が…。
箱の外のミツバチ達はみんな寄り添って、大雨によって落とされないようしっかりとしがみついているようでした。
そこで一つ疑問が…。
たくさんのミツバチたちに潰されるような一番下にいるミツバチと、
雨風に打たれながらも一番上にいるミツバチ、どっちの方がいいんだろう?
箱の中が一番なんだろうけど…。
でもどちらも忍耐力が必要そうですね!



新じゃがのおかか照り焼き

2012年9月9日(日)【男爵】

訓子府町ムトーさん

新じゃがは、今回Sサイズの男爵いもをそのまま使いましたが、市販のサイズのものを一口サイズにカットします。
そのまま、ザザーと水で洗って、油で素揚げにします。竹串が通ればOK.
フライパンに、油をひいて、醤油と砂糖で甘辛風味に炒めます。ここでおかかも入れてからめます。
ここからが、ポイント。参考書では3片~4片の茹でたニンニクを加えるとありましたが、贅沢にもニンニクを丸ごと3個入れちゃいました。
最近、訓子府でもニンニクを作っている若手生産者がふえてきました。
おすそ分けのニンニクをたくさん頂いたので贅沢に使わせていただきました。
美味しいニンニクは、とってもホクホクしていてあの独特の甘味とくさみが
鼻を抜けてく瞬間はパラダイスです。

男爵いもとニンニクのコラボでした。



現在の「さがほのか」イチゴの様子

2012年9月7日(金)【いちご】

菅農園さん

親苗からランナーを切り離して8月6日、
圃場に直接定植した一季成り性品種、
冬春採りイチゴの「さがほのか」の現在の様子。
さてどうなる?
走っちゃうか?それとも上手くいっちゃう?



予感

2012年9月5日(水)【いちご】

菅農園さん

やたらと花が咲くので株を見てみると、やっぱり芯止まり?のようになっています。
春のピーク時にも芯止まり症状はあり、その時は隙間をかいくぐって新葉が出てきましたが今回はどうなるでしょう…。
このまま芯が出てこなければ今月で収穫量は急降下の予感。

すずあかねさんよ~、こんな時期に力を使い果たさないでおくれ~。



すずあかね、絶好調♪

2012年9月4日(火)【いちご】

菅農園さん

好天気に恵まれて、四季成り性品種のイチゴ「すずあかね」の出荷量が衰えません。
それどころか日増しに増量して収穫量最高記録を更新しています。
ただ、気温も高いので果実が固いすずあかねでも、若干柔らかくなりキズなどが付いて規格外になる量も増えてきます。

でもこの時期には珍しいほどの出荷量のすずあかね。
採れすぎちゃって来月の出荷量を心配しちゃいます…。
急降下しなければいいが…。



2012年9月

26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

ブロガー一覧

やさいカテゴリ

アーカイブ