北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

接木苗

2013年4月10日(水)【きゅうり】

ももすけさん

接ぎ木を終えたキュウリの苗達。
この一つ一つが何十本もキュウリをならすのだから、
そう考えると不思議なものだと。
毎年思います。



種芋切り

2013年4月10日(水)【大根】

西浦ふぁ~むさん

某菓子メーカーのポテチの原料として加工用のじゃがいもを栽培しています。
種としてのじゃがいもを切る作業です。約3ヘクタールに作付します。ポテトチップの数で言うと初めて計算してみましたが約150万袋(計算が合っていれば)くらいになると思います。



農業機械の整備

2013年4月10日(水)【にんじん】

グリーンファーム笹原さん

 今日から農業用トラクターや農業作業機の整備を始めました。

 冬の間は使用しないので格納してあったトラクターや農作業機械を
引っ張り出してきて、オイル交換やグリース給脂・各作動部に注油を
していきます。  クラッチ、ブレーキの調整や、不具合のあった
箇所も修理しておきます。

 これから10月下旬までの間のハードな作業に耐えられる様に整備してあげます。
でも、これから春耕期の仕事をしてみると「今日はこの作業を終わらせたい!」と
がんばっている時に限って思いがけない所が故障してしまうんですけどね。

 愛情が足りないんでしょうか?


 トラクターに装着して、砕土・整地をするロータリーハローの
耕うん爪の交換も今のうちに済ませておきます。

 この写真では作業しやすいように、フォークリフトで前に
90度たてて、交換しています。

 
大きな機械が多いので、使用しているボルト・ナットも大きなものが多いです。
だから、整備に使用する工具も大きく、長く、トルクをかけやすい物を
その時には使っています。

この写真では上から順に

全長500mmのパイプレンチ

27mm×30mm メガネレンチ

22mm×24mm ラチェットレンチ

全長375mm アジャスタブル(モンキー)レンチ

22mm×24mm 超ロングストレートネガネレンチ

差し込み角12.7sq(1/2インチ)スピンナーハンドル
+30mmソケット

 なかでもお気に入りが手に取っている超ロングストレートメガネレンチ。
仕上げはメッキではなく、梨地のポリッシュ。
柄に対してのメガネ部分の角度を少しだけずらせてあるので
超ロングであるのに、レンチを裏表返しながら使用すると
12角なので15度ずつのレンチ振り幅となっていまます。



種芋切ってます。

2013年4月10日(水)【メークイーン】

大崎農場さん

こんばんは。
どんどん気温があったかくなってまいりました。
しかし一方で風は強く冷たく……。


そんな中、種芋の準備が着々と進んでおりますよ~。


本日は、種芋をカットする作業を行いました。

4月のアタマに種芋を小・中・大と大きさで選り分けたのですが、
そのうち大きいのに分類されたものを手作業でカットします。

芋はある程度の大きさがあれば、そっから芽が出てきます。
なので、数を増やして植える訳です。
中くらいのが2つ切り、大きいのは3つ切りにします。
(ちなみに中くらいのは、植え付け時に機械が勝手に真っ二つに切ってくれるので手を加えなくてもOKです。便利)

ざくり。


ちなみに、
ただざっくり半分に切っている訳じゃなくて、
メークインにはちゃんと包丁を入れる方向もあるのですよー。


↑の写真の、くぼんでるところが芽が出てくる所です。
なので切った両方にこのくぼみがバランス良く残るようにしないと芽が出にくいんです。


皆さんも、芋を植える時は参考にしてみてください。


2013年4月

31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

ブロガー一覧

やさいカテゴリ

アーカイブ