北海道から届いた生産者のとっておきの話。きたやさいブログ

簡易土壌診断

2018年6月1日(金)【ほうれんそう】

マツモトさん

私たちの所では1つのハウスで1年間で
ほうれん草を約3回転させます。

早いものでもう2作目の作付準備が始まりました。
ほうれん草は生育途中を収穫する作物なので、途中で肥料が切れないような施肥をします。
その為収穫後、土の中にまだ肥料が残っていることがあります。

そこで2作目の作付前にどのくらい肥料が残っているかを調べるようにしています。
今回はECとpHを調べます。
ECは電気伝導率と言って土の中の肥料の濃さ、pHは作物ごとに好みのphがあるので
それがそれぞれどの位の値なのかを調べてみました。

ハウス内の土を5ヶ所採取してそれを混ぜ合わせ調べてみました。

ECは0.2なのでほとんど肥料は残っていないみたいです。

pHは6.0でした。ほうれん草はもう少しアルカリ寄りの方が良いのですが
6以上あるので良しとします。

肥料も残っていなく、phも問題なさそうなので通常通りの施肥をする事にしました。
少しでも良い土を作ってこれからも美味しいほうれん草を作って行きたいと思います。


2018年6月

27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロガー一覧

やさいカテゴリ

アーカイブ