おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

長いもの梅肉あえ
調理時間
約 20 分
消費カロリー
約 55 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • 酢大さじ4、だし汁大さじ2、砂糖大さじ1と1/2、塩少々を合わせて混ぜ、甘酢を作る。
  • 長いもは皮をむいて5センチ長さのせん切りにし、1に15分くらい漬ける。味がなじんだらざるに上げ、漬けた甘酢もとりおく。
  • 梅干しは種を除いて細かくたたき、2の甘酢に加えて混ぜる。
  • 器に2を盛って3をかけ、小さく切った貝割れ菜をのせ、混ぜていただく。

材料(4人分)
長いも300g
梅干し2個
貝割れ菜少々
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

手開き
魚を手で開くこと。いわしなど、身が柔らかくてくずれやすく、小骨が多い魚を開くときに使われる手法です。頭と内臓を除いたら、腹に指を指しこんで中骨に沿って動かし、身を開いて骨をはずします。
七草
春の七草と秋の七草とがあり、春の七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。秋の七草は、はぎ、おばな、くず、なでしこ、おみなえし、ふじばかま、ききょうの7種です。春の七草は、正月七日に七草がゆにしていただき、無病息災を願います。秋の七草は食用にはなりません。
ほうろく焼き
素焼きで平たい丸皿方の土鍋「焙烙」に、塩と松葉などを敷いて魚介や野菜、きのこを並べ、ふたをして直火で蒸し焼きにした料理。「宝楽」「法楽」の字を当て、ほうらく焼きと呼ぶこともあります。