おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

かぼちゃとひき肉のスパイシー煮
調理時間
約 25 分
消費カロリー
約 326 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • かぼちゃは皮をところどころむき、3cm角に切る。
  • フライパンにひき肉を入れ、Aを加えて混ぜ、なじませる。
  • ②を火にかけ、菜箸で混ぜながらパラパラになるまで炒める。
  • ③に①を加えてさっと炒め、だし汁を注いでふたをし、7~8分蒸し煮にする。
  • かぼちゃに竹串がスッと通るくらいになったらふたをとり、煮汁がほとんどなくなるまで煮る。

材料(2人分)
かぼちゃ1/4個
鶏ひき肉150g
A カレー粉小さじ1
A しょうが(みじん切り)1かけ分
A しょうゆ小さじ2
A みりん小さじ1/2
A 酒大さじ1
だし汁1/2カップ
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

ベイリーフ
月桂樹の葉。葉を乾燥させたものと、それを粉末にしたものとがあり、フランス語のローリエ(ローレル)の名でも出回ります。強い香りが特徴で、スープやシチューなど煮こみ料理や、オーブン料理の香りづけに使われます。
ミネストローネ
イタリアの代表的な実だくさんのスープ。小さく切ったじゃがいも、玉ねぎ、にんじん、セロリ、キャベツなどを、にんにく、ベーコンと炒め合わせ、スープと角切りのトマトを加えて弱火で煮こみ、仕上げにパスタや米を加えて塩とこしょうで調味し、パルメザンチーズをふります。
ムニエル
フランス語の"粉屋"の意味から転じて、魚に小麦粉をまぶしてバターで焼く調理法をいいます。焼き上げた魚にレモン汁をかけ、焦がしバターをかけていただきます。舌びらめ、にじます、さけなどのムニエルが代表的。家庭で作る場合はバターだけだと焦げやすいので、バターと油を合わせて魚を焼き、ソースを作るときに新たにバターを加えると失敗がありません。