おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

ごぼうとかぼちゃ、こんにゃくのごまみそあえ
調理時間
約 35 分
消費カロリー
約 130 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • ごぼうは皮をこそげて3cm長さの縦2~4つ割りにする。熱湯に入れてふたをし、10~15分、柔らかくゆでて軽くたたく。
  • かぼちゃは種とわた、皮を除いて2cm角に切る。耐熱皿に入れてラップをし、500Wの電子レンジで4分加熱し、そのままさます。
  • こんにゃくは塩もみして洗い、両面に切りこみを入れて角切りにする。熱湯で3~4分ゆで、さっとからいりする。
  • ボウルにAを合わせて混ぜ、①~③を加えてあえる。

材料(4~6人分)
ごぼう2本
かぼちゃ正味200g
こんにゃく1丁(300g)
少々
A すり白ごま大さじ3
A みそ大さじ2
A 砂糖大さじ2
A みりん大さじ2
A しょうゆ少々
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

水きり
調理に不要な水分をとり除くこと。豆腐のように水分が90%もある材料はくずれやすいので、ある程度の水きりが必要です。料理によって水きりの程度が違います。軽く水きりする場合は、ざるなどにのせて自然に。重石をしたり、さっとゆでたり、電子レンジ加熱などの方法があります。
けんちん
中国から伝えられた卓袱料理のひとつで、巻繊と書きます。材料を小さく切ることと油を使うことが特徴。大根、にんじん、ごぼう、きくらげなどを細かく刻んで油で炒め、くずした豆腐を加えて炒めたものをけんちん地といいます。これを応用して生まれたのがけんちん汁といわれています。
南部
南部揚げや南部焼きなど、ごまを使った料理につけられる名前です。南部とは、今の岩手県と青森県にまたがる地域。ごまの産地として知られており、ごまを使った料理が多いことに由来しています。