おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

アスパラとししゃもの春巻き
調理時間
約 30 分
消費カロリー
約 464 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • アスパラは根元のかたい部分を除いて長さ半分に切り、塩少々を加えた湯でさっとゆでて水気をきる。のりは1枚を4つに、チーズは半分に切る。
  • 春巻きの皮にのり、チーズ、ししゃもとアスパラをのせて巻き、小麦粉と水各大さじ1を合わせたのりで巻き終わりを止める。
  • 湯1/2カップ、鶏ガラスープの素小さじ1、トマトケチャップ、酢、砂糖各大さじ3、豆板醤小さじ1を鍋に入れて温め、かたくり粉小さじ2を倍量の水でといて加え、トロミをつける。
  • 揚げ油を160~170度に熱して2をカラリと揚げ、半分に切って器に盛り、3のソースを添える。

材料(4人分)
グリーンアスパラガス8本
焼きのり2枚
スライスチーズ4枚
春巻きの皮8枚
ししゃも8尾
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

ふり塩
材料に塩をふること。材料の身を締めて生臭みをとり、味をつけるために行います。手に塩を握り、材料から20~30cm離して指の間から塩を落とすようにまんべんなくふります。塩の量は、魚介類なら重量の2~3%、肉類は1%が目安です。
松笠切り
飾り切りの手法のひとつ。包丁を寝かせて材料に斜め格子状に切り目を入れ、焼いたり煮たり加熱すると、切り目が反り返って丸まり、松笠のような形になることからの命名です。いかやアワビなどに用いられ、松笠いか、松笠あわび、また、松笠焼き、松笠煮などと呼びます。
千六本
大根を5~6cm長さ、マッチ棒くらいの太さのせん切りにすること。千六本は当て字で、繊蘿蔔(せんろうぽ)という中国語が転じたとされています。繊は細い、蘿蔔は大根のことです。