おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

春野菜の焼きサラダ
調理時間
約 30 分
消費カロリー
約 250 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • スナップえんどうは筋をとり、さやいんげんはへたを切る。アスパラは根元のかたい部分の皮をむき、長さ2~3等分にする。
  • えびは殻をむいて背わたをとる。
  • マヨネーズ大さじ4、レモン汁大さじ1/2、牛乳大さじ1を合わせて混ぜる。
  • フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、スナップえんどうを入れて中火で両面を焼きつけ、とり出す。続いてさやいんげん、アスパラの順に焼く。最後にえびを入れて中火で両面を焼きつけ、ふたをして火を止め、5分ほどおく。
  • 4に軽く塩とこしょうをふってレモンの薄切りと器に盛り合わせ、3をかけるか、好みでレモンを絞っていただく。

材料(4人分)
スナップえんどう150g
さやいんげん100g
グリーンアスパラガス2束
小えび250g
レモン適宜
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

アンチョビー
カタクチイワシを塩漬けにしてから熟成・発酵させ、オリーブ油に漬けたもの。三枚におろしたフィレーと、真ん中にケッパーを入れてうず巻き状に巻いたものとがあります。塩辛く、濃厚な風味が特徴で、オードブルやサラダ、ピザ、パスタなどによく使われます。
茶筅
抹茶をたてる茶筅のように切ることや、仕上げることをいいます。とくになすによく使われる切り方です。なすはへたをつけたまま縦に細かく切り目を入れ、素揚げや煮ものにしたあと、熱いうちにへたを押さえてひねり、茶筅の形に整えます。見た目の美しさとともに、火の通りや味のしみをよくする効果もあります。
万能こし器
持ち手のついた金ざるのこと。ストレーナーとも呼ばれます。こしたり、粉をふるったり、ゆでたものを受けたりと、文字どおり万能に使えるこし器です。