おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

いろいろ野菜のバーニャカウダ
調理時間
約 25 分
消費カロリー
約 809 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • 大根は薄い半月切り、キャベツと白菜はざく切りにする。
  • じゃがいもは皮をよく洗ってラップで包み、600Wの電子レンジで3分~3分30秒加熱して、縦4つに切る。
  • にんじんは薄い輪切りにしてさっとゆでる。
  • アスパラは長さを半分に切ってゆでる。
  • ソースを作る。にんにくはラップで包んで500Wの電子レンジで1分~1分30秒加熱する。柔らかくなったらとり出して粗熱をとり、小鍋に入れてフォークで細かくつぶす。アンチョビーを加えて細かくたたき、くだきながら混ぜる。牛乳、こしょう少々、オリーブ油を加えて中火にかけ、混ぜながらひと煮たちさせて、器に盛る。
  • 器に①~④を盛って⑤を添え、つけていただく。

主材料(作りやすい分量)
大根40g
キャベツ1枚
白菜1枚
じゃがいも1個
にんじん30g
グリーンアスパラガス2本
<バーニャカウダソース> にんにく3~4片
アンチョビー8枚(20g)
牛乳大さじ6
こしょう少々
オリーブ油大さじ5
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

松前○○
昆布を使った料理につけることば。「松前漬け」は昆布入りの漬けもので、するめの松前漬けは北海道名物。「松前蒸し」は昆布を敷いて蒸したもので、主に白身魚に用いる手法です。江戸時代に昆布が北海道の松前藩から送られてきたことにちなみ、松前の名がつきました。
筋切り
ソテーやフライ、ステーキなど厚みのある肉を調理するときに使われる手法で、肉の脂身と赤身の間にある筋を包丁の先で4~5カ所切ることをいいます。筋切りをすることで、焼いたときに反り返ったり、縮んだりするのを防ぎます。
つま
刺身に添えて、主材料を引き立てる野菜や海草のことをいいます。大根など野菜のせん切りや海草を敷づまにし、花穂じそや防風を飾りづまにします。これらの野菜をつま野菜といいます。