おすすめレシピここでは、「きたやさい」の料理レシピを一挙ご紹介しています。しかも、旬の食材や料理の種類などで、お目当ての料理がカンタン検索。「きたやさい」を使って、毎日の献立づくりしてみませんか。

レシピ詳細

トマトと牛肉のにんにく炒め
調理時間
約 15 分
消費カロリー
約 177 kcal

このページを印刷する

レシピ
  • トマトはくし形切り、にんにくは薄切りにする。ねぎは青い部分も含めて小口切りにし、青い部分は飾り用にとり分ける。
  • ごま油大さじ1を熱してにんにくとねぎを炒め、牛肉を加えてさっと炒める。
  • ・にトマトを加えて酒大さじ1をふり、ナンプラー大さじ11/2を加えて強火でざっと炒める。
  • ・を器に盛り、ねぎの青い部分を飾る。

材料(4人分)
牛肉(切り落とし)200g
トマト2個
にんにく2片
ねぎ1/2本
キーワード

あわせて読みたい! おすすめレシピ こんなレシピも読まれています。

知っておきたい! 基本のキをチェック! 料理の基本のキを学びましょう。

気になる!料理用語のワンポイント講座 知ってた? 知っておくと便利!

茶筅
抹茶をたてる茶筅のように切ることや、仕上げることをいいます。とくになすによく使われる切り方です。なすはへたをつけたまま縦に細かく切り目を入れ、素揚げや煮ものにしたあと、熱いうちにへたを押さえてひねり、茶筅の形に整えます。見た目の美しさとともに、火の通りや味のしみをよくする効果もあります。
ベシャメルソース
バターと小麦粉で作ったルーを牛乳でのばしたソース。ホワイトソースの代名詞ともなっています。用途によって濃度を変え、スープやクリーム煮、グラタン、コロッケなどに利用します。缶詰やレトルトなど市販のものもあります。
手開き
魚を手で開くこと。いわしなど、身が柔らかくてくずれやすく、小骨が多い魚を開くときに使われる手法です。頭と内臓を除いたら、腹に指を指しこんで中骨に沿って動かし、身を開いて骨をはずします。